ぐ~たらワニのぷらり散策日誌

色んな所へ行って、色んな事を知りたい。

岩手

花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼

天満宮、らかん公園等の記事を更新してきましたが、実はその日盛岡を訪れたのはこの「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」を岩手県立美術館に見に行くためでした。10月15日まで開催中です。

らかん児童公園と観音堂

天満宮から、日が暮れないうちに!と焦りながら、小走りで向かった先は盛岡市茶畑地区にあるらかん児童公園。"児童公園"というには少しばかり緊張感のあるそこは、夜に訪れるには怖すぎる場所でした。

ゆる~い狛犬がいる天満宮

吽形「なんかさあ、結構人気あるみたいよ。おれたち。」 阿形「えっ、そうなの。おれずっと岩手山みてたから全然気づかなかったわ~。」 ・ ・ ・ とまあナメショットを撮ってみたものの特に良いセリフも思いつかずテキトーに当ててみましたが、この少し気の…

賢治さんの眠る場所 身照寺

宮沢賢治の墓がある身照寺を見に行ってきました。 このあたりの人ってみんな宮沢賢治のことを親しみを込めて「賢治さん」と呼ぶのですが、それを真似して「賢治さん」と呼ぶと、なんだかむずがゆいような気分になります。

恋人の聖地?釜石大観音、平田駅へ

これまで8つの記事でお送りしてきた釜石シリーズもこれで最終回。 郷土資料館から大観音までの道のりのつづきです。 釜石駅からここ釜石大観音までは徒歩でだいたい1時間ちょっと。 その間、銀杏BOYZをずっと聞いていました。銀杏BOYZを一番好きだった中学…

花巻まつり、鳥谷崎神社と賢治さん

ここ最近は釜石シリーズの記事を更新していましたが今回は花巻の話題です。おとといの9月8日からきょう9月10日まで花巻まつりが開催されていました。420年以上続くこのお祭は、お神輿の多さでギネスにも登録されたそう。3日の間、街はみなウキウキ・ソワソワ…

郷土資料館から大観音までの道のり

ヤッホー元気?と言ってそうな海の男には手がありませんでした。 前回のつづき。駅近くにある郷土資料館へ行きました。無料です。

八幡宮、鹿との出会い

前回(お不動様がいる今瀧神社 )のつづき。 どこか狂気じみた迫力を持つこの顔・・・ そんな狛犬が守る八幡宮は釜石駅の裏手にある山にある小さな神社です。

お不動様がいる今瀧神社

前回(剣まみれ!尾崎神社)のつづき。 午前中の大きな目的であった尾崎神社を見終え、iphone のマップを眺めていると近くにこの神社を見つけました。せっかくなので行ってみようと例のごとく電動自転車で坂を上りました。

剣まみれ!尾崎神社

前回(岩窟ロマン 西ノ澤不動尊 )のつづき。 岩手にきてから各所の神社に奉納されている剣に興味津々なわけですが、今回はその剣がメインの尾崎神社についてです。 といってもこの尾崎神社は里宮、本宮、奥宮、奥の院の四社からなるのですが奥の院に日本武…

岩窟ロマン 西ノ澤不動尊

前回(住宅街をひっそり見守る金刀比羅神社)のつづき。 釜石はゴツゴツした岩があちこちにゴロゴロあります。そのため釜石というとそうした岩のワイルドなイメージがついてしまいました。 今回の記事ではそんな岩の中に納められたお不動さんを紹介します。

住宅街をひっそり見守る金刀比羅神社

前回(駆け抜けて石応禅寺 )のつづき。 この釜石を巡る旅で活躍した1日500円のレンタル自転車は電動アシスト付きで、今回初めて乗ったのですが予想以上に快適で上り坂もスイスイでした。 バイクや車を運転するのが怖い自分としては最強のアイテムなんじゃな…

駆け抜けて石応禅寺

前回(釜石、電動チャリで爆走の巻)のつづき。行ったのがお盆明けということもあり、釜石市街のあちこちにある墓地には多くの人が訪れていました。 この石応禅寺もまたそんなおまいりの方が多く、なんとなく居心地の悪さを感じてしまい、ここはスッと見てま…

釜石、電動チャリで爆走の巻

先日、かねてから気になっていた釜石大観音を見に釜石に行きました。 釜石という地名は6年前の東日本大震災のときニュース等で聞いた方も多いと思います。もう6年も経ったのだから、きっと復興しているのだろうと勝手に想像していたのですが、まだまだ震災の…

超駅チカ、藤木大明神

黒い猫がこっちをみているの、分かりますか? すごく警戒されてましたが可愛かったです。 花巻神社に引き続き駅チカシリーズ藤木大明神です。

駅チカ、花巻神社

8月も今日で終わり。岩手での生活もあと3週間ほどになりました。 こちらでは自転車か公共交通機関を使っての移動なので、 なかなか思うように散策できていませんがまあそれなりに楽しんでいます。 今日は先日立ち寄った花巻神社について。

気分は探検隊、鼬幣稲荷神社

岩手県花巻市石神町にある鼬幣(いたちべい)稲荷神社。 寂しい住宅街の一角にある神社ですが、奥の方は林っぽくなっていて そこを歩いていると軽くハイキングしてるような気分になりました。

兜跋毘沙門天立像を見に三熊野神社へ

前回のつづきです。 この日のメインだった花巻市東和町の毘沙門天立像を見てきました。 写真多め。長いです。

田んぼの真ん中伊豆神社

はじめ少し目を疑ったけど、木の電柱が建っていました。 周りに建物もなかったのでなんだかタイムスリップしたような景色にみえました。

命の泉のある信泉寺

萬鉄五郎記念美術館から駅に戻る際、道路脇に湧水がじゃんじゃん流れ出ているところを発見しました。その名も命の泉・・・。ちなみに飲めるそう。

優しきメルヘンの世界 葉祥明展

先日、萬鉄五郎記念美術館へ行ってきました。 ここでは現在、「絵本文学の世界へ 葉 祥明 展」を開催中です。 この展示は葉氏の画業40周年を記念した回顧展とのことです。

宮沢賢治記念館

半月ほど前からイーハトーヴにおります。 聞いたことがある方も多いと思いますが、イーハトーヴとは宮沢賢治の造語で心の中の理想郷のこと。 そしてそれは岩手県のことだとも言われています。

岩手1人旅その⑨_盛岡を循環バスでまわる3

前回の続き。 岩手1人旅の記事も9つ目とかなり長くなってしまったけど、この記事でラスト。 この日は鬼の手形を見たあと報恩寺に五百羅漢を見に行った。

岩手1人旅その⑧_盛岡ぶらり途中下車2

前回のつづき。 お昼をとりながら観光できそうな場所を探していると、北山の寺町通りという通りがあり、お寺がたくさんあるとのことだったのでそこを目指すことにした。 なかでも法恩寺というお寺には五百羅漢が安置されていると知り、俄然張り切った。 また…

岩手1人旅その⑦_盛岡ぶらり途中下車1

前回の続き。 この日は仙台駅→小牛田駅→平泉駅→盛岡駅という結構長い距離を移動をして夕方には盛岡のホテルにチェックインした。 そして翌日は盛岡駅から盛岡市内をぐるっと一周できる「でんでんむし」という循環バスのフリーきっぷを買ってバスで観光した。…

岩手1人旅その⑥_平泉の地を巡る5

毛越寺を見学し終え、大体平泉の町を一周したがまだ予定より時間があまったので最後に達谷窟に行くことにした。 達谷窟は岩壁に大仏が彫ってあることで有名で、行ってみたいと思っていたのだが駅から遠く諦めていた。 でもせっかく岩手まできたのだから…!と…

岩手1人旅その⑤_平泉の地を巡る4

前回の続きで平泉、この記事では毛越寺について。 毛越寺の魅力は何といってもこの大泉が池を中心とした浄土庭園だ。 ここは国の特別史跡、また特別名勝にも二十で指定されている。

岩手1人旅その④_平泉の地を巡る3

前回の続き。 中尊寺から自転車で移動していると、公園のような場所があった。 遠目に赤いほっかむりをした石仏が木に寄りかかっているのが見えたので向かった。

岩手1人旅その③_平泉の地を巡る2

前の記事に引き続き平泉について。 この旅からもう1か月が過ぎようとしているので急いで書いていく。 ここでは特に中尊寺について。 上の写真は弁慶のお墓。

岩手1人旅その②_平泉の地を巡る1

前回のつづき。 この日の目的地である平泉一帯は、奥州藤原氏が浄土思想に基づき寺院や庭園などを作り上げた場所で、2011年にユネスコ世界遺産のリストに登録された。 平和な理想世界は最盛期には平安京を凌ぐほどの美しさだったという。 しかし建都から100…

===おすすめ記事===