ぐ~たらワニのぷらり散策日誌

色んな所へ行って、色んな事を知りたい。

花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼

f:id:oishiioyatu:20170919222230j:image

天満宮、らかん公園等の記事を更新してきましたが、実はその日盛岡を訪れたのはこの「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」を岩手県立美術館に見に行くためでした。10月15日まで開催中です。

続きを読む

らかん児童公園と観音堂

f:id:oishiioyatu:20170910145113j:plain

天満宮から、日が暮れないうちに!と焦りながら、小走りで向かった先は盛岡市茶畑地区にあるらかん児童公園。"児童公園"というには少しばかり緊張感のあるそこは、夜に訪れるには怖すぎる場所でした。

続きを読む

ゆる~い狛犬がいる天満宮

f:id:oishiioyatu:20170903232415j:plain

吽形「なんかさあ、結構人気あるみたいよ。おれたち。」

f:id:oishiioyatu:20170903232358j:plain

阿形「えっ、そうなの。おれずっと岩手山みてたから全然気づかなかったわ~。」

とまあナメショットを撮ってみたものの特に良いセリフも思いつかずテキトーに当ててみましたが、この少し気の抜けたような狛犬盛岡市民に愛される人気者だそう。
先日、岩手大に通う方から面白い顔の狛犬がいると教えて頂き、去年の5月(岩手1人旅その⑦_盛岡ぶらり途中下車1)ぶりに盛岡へ行ってきました。

続きを読む

賢治さんの眠る場所 身照寺

f:id:oishiioyatu:20170915000946j:plain

宮沢賢治の墓がある身照寺を見に行ってきました。

このあたりの人ってみんな宮沢賢治のことを親しみを込めて「賢治さん」と呼ぶのですが、それを真似して「賢治さん」と呼ぶと、なんだかむずがゆいような気分になります。

続きを読む

恋人の聖地?釜石大観音、平田駅へ

f:id:oishiioyatu:20170910142744j:plain

これまで8つの記事でお送りしてきた釜石シリーズもこれで最終回。

郷土資料館から大観音までの道のりのつづきです。 

 

釜石駅からここ釜石大観音までは徒歩でだいたい1時間ちょっと。

その間、銀杏BOYZをずっと聞いていました。銀杏BOYZを一番好きだった中学生のときから比べると自分は何も変わっていないかのように感じますが、でも、生まれた土地からこんなに遠く離れた街までたった1人でやってきて、ボヤボヤ歩きながらモヤモヤ色んなことを考えたりして、実のところ自分はもうすっかり大人になってしまったのか・・・とかそんなことを思いながらセンチメンタルな気分に浸っていました。

続きを読む

花巻まつり、鳥谷崎神社と賢治さん

f:id:oishiioyatu:20170910215331j:plain

ここ最近は釜石シリーズの記事を更新していましたが今回は花巻の話題です。おとといの9月8日からきょう9月10日まで花巻まつりが開催されていました。420年以上続くこのお祭は、お神輿の多さでギネスにも登録されたそう。3日の間、街はみなウキウキ・ソワソワ、お祭りを見に多くの人がやってきました。

続きを読む

郷土資料館から大観音までの道のり

f:id:oishiioyatu:20170909000229j:plain

ヤッホー元気?と言ってそうな海の男には手がありませんでした。

前回のつづき。駅近くにある郷土資料館へ行きました。無料です。

続きを読む

===おすすめ記事===