ぐ~たらワニのぷらり散策日誌

色んな所へ行って、色んな事を知りたい。

お伊勢参り~外宮編~

 

f:id:oishiioyatu:20170615001804j:plain

伊勢神宮といえば日本人なら誰しもどこかで聞いたことのある有名な神社で、毎日多くの人が訪れます。

自分が「お伊勢参り」というものを始めて意識したのは「真夜中の弥次さん喜多さん」という映画でした。

『てんでリヤルじゃねえ!』と言いながら"てめえさがしの旅"をする弥次さんと喜多さんのロードムービーで、原作のしりあがり寿のシュールな世界観を監督・脚本の宮藤官九郎が見事に映像化した作品で、この映画が大好きなこともあり今回伊勢神宮にいけることになり大興奮でした。

今回は母とその友達数人となんと車で片道6時間の日帰り旅行でした。

いつも1人旅のときは電車やバスを乗り継いでいくので今回、後部座席で爆睡してたらいつのまにか伊勢神宮についていて拍子抜けしてしまいました。笑 

 

伊勢神宮は外宮、内宮とありますが通常外宮からお参りします。

 

f:id:oishiioyatu:20170623045428j:plain

一歩足を踏み入れると、緑に囲まれとても静かで神聖な雰囲気でした。

 

外宮では天照大神の食事を司る豊受大神をまつっており、衣食住をはじめとするあらゆる産業の守り神とされています。

f:id:oishiioyatu:20170624014541j:image

正宮。

 

みんな列になってお参りしていました。

 

神社仏閣好きでよくいろんな場所を訪れますが、こういうところでは手を合わせたりお守りを買ったりしない主義なのでこのときも特別そういうことはせず。

そうしたら同行した母の友人達に訝しまれました。笑 (某新興宗教は神社仏閣等で手を合わせることが禁止されてるのでそういう類と思われたようです)

 

この主義はいわゆる無神論的なものから来ているのですが、神や仏という存在は人間が生きていく上で必要不可欠なものだとも思います。救いがなければみんな生きてゆく希望も持てないですからね。まあ自分は柔軟性がないので目で見たもの以外信じられないというだけです。

 

なので側から見ていると人々がお参りしている姿というのはすごく不思議な光景で、熱心に信仰心を持ってお祈りできるのは少し羨ましくもありました。

 

f:id:oishiioyatu:20170623045555j:plain

正宮のとなりには同じ広さの古殿地あります。

内宮、外宮ともに20年に1度式年遷宮がおこなわれており、この古殿地に次は2033年頃正宮が移されるわけです。

 

遷宮を行うことでいつまでも新しく瑞々しい建物を保ちながらも、昔ながらの建築技法で伝統を伝えていくことができます。これはなんと1300年以上も続けられてきたそうです。

 

f:id:oishiioyatu:20170623045514j:plain

神宮内にある木はみなどれもとても大きいです。

f:id:oishiioyatu:20170623045545j:plain

切られている木も多くあったので神宮内の木々を遷宮に使うのかと思いましたが、遷宮用の木材は「御杣山(みそもやま)」と呼ばれる専用に木を育てる場所があるようです。

 

f:id:oishiioyatu:20170623045536j:plain

なんだか目に映るものがみな神聖で美しいように感じました。

f:id:oishiioyatu:20170623045620j:plain

土宮

大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)をまつっています。

f:id:oishiioyatu:20170623045629j:plain

風宮

風の神をまつっています。

鎌倉時代元寇のときに神風を吹かせ日本を守ったとされる神様です。

f:id:oishiioyatu:20170623045703j:plain

 

 

f:id:oishiioyatu:20170623045638j:plain

階段を少し登った先には多賀宮があります。

f:id:oishiioyatu:20170623045647j:plain

多賀宮豊受大神の荒御魂をおまつりましています。

 

神道では神の霊魂は2つの側面を持っているとされ、

ここにはそのうちの1つである荒御魂がおまつりされています。

荒御魂(あらみたま)荒々しく活動的な作用をすると考えられた神霊。

和御魂(にきみたま) 平和・静穏などの作用をする霊魂・神霊。

出典:世界宗教用語 Weblio辞書 

多賀宮は商売をされてる方にも御利益があるようですよ。

 

f:id:oishiioyatu:20170623045504j:plain
こちらは三ツ石と呼ばれるものでパワースポットとしても有名です。なんでも手をかざすと温かく感じるとか。

 

 f:id:oishiioyatu:20170623045718j:plain
f:id:oishiioyatu:20170623045727j:plain

伊勢神宮と聞いて勝手に豪華絢爛なイメージを持っていたのですが実際に訪れてみると全く違いました。

お宮はみな装飾などが最小限に抑えられていてとってもシンプルなのですが、木の生々しさやその命の美しさを感じることができ、神宮内を歩いているときは始終厳かな心持ちでした。

 

f:id:oishiioyatu:20170623045449j:plain

神楽殿の屋根。

 

・・・つづく・・・ 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

===おすすめ記事===