ぐ~たらワニのぷらり散策日誌

色んな所へ行って、色んな事を知りたい。

湯村温泉郷、厄除地蔵尊大祭と首地蔵

山梨県甲府市湯村にある塩澤寺では毎年2月13日正午から14日正午まで大祭が行われます。なんでも、その24時間だけはお地蔵さまが『善男善女』の願いを聞き入れてくれて災難から逃れられる…と言われており、毎年各地から人々が訪れるそう。

【ああ、懐かしや東北旅行⑥】奇石群仏ヶ浦

前回(あの世の景色を垣間見る。 青森・恐山へ )のつづき。実のところ、この東北旅行は遠野と恐山に行くということ以外ノープランでした。その大きな目的を達成してしまいどうしようかと観光雑誌をペラペラと捲っていると、あるゾーンが目に入りました。青…

【ああ、懐かしや東北旅行⑤】あの世の景色を垣間見る。 青森・恐山へ

生きとし生けるものみな死に逝く運命にありますが、青森県下北地方では「人は死ねばお山さ行く」という言い伝えがあるそう。そしてその『お山』の指すものこそ今回訪れた恐山なのです。

【ああ、懐かしや東北旅行④】憧れの遠野物語の地へその2

前回(憧れの遠野物語の地へその1)に引き続き、岩手県、遠野の話題です。 この遠野の地で最も有名な妖怪と言えば、やはりカッパでしょう! そんなわけで今回はカッパ捕獲許可証を発行していることでも有名な、 常堅寺の裏手にあるカッパ淵をレポートしていき…

新カメラ紹介。【SONY α6500】

あけましておめでとうございます。 初売りという言葉の誘惑に負け、新しいカメラを買いました。

【ああ、懐かしや東北旅行③】憧れの遠野物語の地へその1

岩手といえば遠野地方の伝承を柳田國男がまとめた「遠野物語」を思い出す方もいるのではないでしょうか。この地方の住民に伝えられてきた変わった風習や不思議な出来事が数多く登場する本であり、日本の民俗学に関するものの中で最もよく読まれるもののうち…

【ああ、懐かしや東北旅行②】最強の巨石 丹内山神社

岩手県花巻市東和町の広大な田園風景の中に現れる赤い大きな鳥居。 ここからおよそ2㎞ほど離れた丹内山神社の一ノ鳥居です。 お社と一ノ鳥居の遠さから、そのかつての社領の広さを実感させられます。

富士の麓、知る人のみぞ知る?パワースポット新屋山神社

石を持ち上げたときに軽く感じるか、重く感じるかでその願いが叶うかどうかを教えてくれる「お伺いの石」・・・。その石の話をなんとなーく聞いたことがあるって方もいるんじゃないでしょうか。 今回はそんなお伺いの石で有名な、山梨県富士吉田市にある新屋…

【ああ、懐かしや東北旅行①】東和ミステリー坂

東和町。思い出すだけでもシビれます。この田園風景・・・。 電車は2時間に1本しかなかったり、木の電柱が立っていたり・・・ 7月から9月末まで花巻に滞在していたのですが、今思い返すとなんだかんだで岩手サイコーでした。 こちらに帰ってくるとき、旅行が…

田んぼの真ん中 ダイナミック聖天宮

久しぶりのブログ更新〜。なんか最近常にぐったりしています。 それはさておき、今回の記事では埼玉県坂戸市、のどかな郊外の田園風景の中に突然出現する聖天宮についてまとめていきたいと思います。 訪れたのはもう2、3年前になるのですが思い出しつつ書い…

万治の石仏さまに会いに

長野県下諏訪町にある万治(ばんじ)の石仏。 その独特な姿は岡本太郎が愛したことでも有名で、 「物事をばんじまるく治めて願いを聞き入れてくれる」と伝えられています。

花巻まちなか小神社

花巻の街角を歩いていると、小さな神社がぽつぽつといくつもありました。 規模自体は小さいですが、どこも綺麗になっていて現在でも地域の方からの信仰が厚いのがわかります。

賢治さんゆかりの地蔵堂とたくさんの石碑

宮澤賢治『春と修羅 第2集』にある「地蔵堂の五本の巨杉が まばゆい春の空気の海に・・・」で始まる詩に登場するのがこの花巻市にある地蔵堂です。

花巻の田園風景を一望 円万寺観音堂

円万寺観音堂は花巻滞在中にずっと行きたいと思っていた場所で、 花巻を離れる日にやっと立ち寄ることができました。 市内の田園風景を一望できるビュースポットしても有名です。

高崎市を見守る白衣大観音

群馬県高崎市にある観音山の山頂に佇む白衣大観音。 到着したのが5時少し前だったので胎内巡りはできませんでしたが、みあげているとうっとりするような美しい観音さまでした。

中之条ビエンナーレ2017 その③

中之条ビエンナーレ2017 最終日に再び行ってきました。 この日はイサマムラからスタートしました。印象的だったものを紹介していきます。

深夜のぶどうジャム作り

先日、眠ろうかな〜と思っていたらぶどうが傷みかけているのを発見… 土曜日の深夜0時に取り急ぎジャムにすることにしました。

中之条ビエンナーレ2017 その②

前回(中之条ビエンナーレ2017 その① )のつづき。 次は旧第三小学校へ。

中之条ビエンナーレ2017 その①

群馬県の中之条町で行われている中之条ビエンナーレに行ってきました。 2007年から始まり、今年で第6回目で10年目を迎えるこの芸術祭。 テーマは「-Symbiosis-共生」 9月9日~10月9日まで開催中です。

胡四王神社

宮澤賢治記念館や童話村などがある胡四王山にある神社です。 賢治さんはここを「経埋ムベキ山(経を埋めるべき山)」の32のうちの一つとして手帳に記していたといいます。

イギリス海岸近く 人面風味な狛犬の小舟渡八幡宮

背の高いご神木が目印です。 拝殿。 看板によると、小舟戸八幡宮は1058~1065年に源頼義が安部氏を降伏させようと祈るため応神天皇の御神霊をまつったことにはじまったそう。また、ここは南部藩の抱え城である花巻城の鬼門にあたり、城の守りとして藩主の崇…

雷神のミイラ?に出会える雄山寺

1つ前の記事(花巻ノート)で書いたように現在はもう花巻を離れているのですが、訪れてから記事にできていないスポットがまだまだあるのでこれからも少しずつ更新していこうと思います。 今回の記事では花巻駅のほど近くにある陽光山雄山寺に雷神のミイラが…

花巻ノート

花巻での2か月ほどの暮らしが終わり関東に戻ってきました。あちらでの夏は曇りがちで夕立も多く、よく傘を忘れては鉄のにおいのする雨にやられました。晴れた日は存外こちらと変わらぬ暑さで、しかし空気が乾燥しているので比較的過ごしやすかったように感じ…

花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼

天満宮、らかん公園等の記事を更新してきましたが、実はその日盛岡を訪れたのはこの「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」を岩手県立美術館に見に行くためでした。10月15日まで開催中です。

らかん児童公園と観音堂

天満宮から、日が暮れないうちに!と焦りながら、小走りで向かった先は盛岡市茶畑地区にあるらかん児童公園。"児童公園"というには少しばかり緊張感のあるそこは、夜に訪れるには怖すぎる場所でした。

ゆる~い狛犬がいる天満宮

吽形「なんかさあ、結構人気あるみたいよ。おれたち。」 阿形「えっ、そうなの。おれずっと岩手山みてたから全然気づかなかったわ~。」 ・ ・ ・ とまあナメショットを撮ってみたものの特に良いセリフも思いつかずテキトーに当ててみましたが、この少し気の…

賢治さんの眠る場所 身照寺

宮沢賢治の墓がある身照寺を見に行ってきました。 このあたりの人ってみんな宮沢賢治のことを親しみを込めて「賢治さん」と呼ぶのですが、それを真似して「賢治さん」と呼ぶと、なんだかむずがゆいような気分になります。

恋人の聖地?釜石大観音、平田駅へ

これまで8つの記事でお送りしてきた釜石シリーズもこれで最終回。 郷土資料館から大観音までの道のりのつづきです。 釜石駅からここ釜石大観音までは徒歩でだいたい1時間ちょっと。 その間、銀杏BOYZをずっと聞いていました。銀杏BOYZを一番好きだった中学…

花巻まつり、鳥谷崎神社と賢治さん

ここ最近は釜石シリーズの記事を更新していましたが今回は花巻の話題です。おとといの9月8日からきょう9月10日まで花巻まつりが開催されていました。420年以上続くこのお祭は、お神輿の多さでギネスにも登録されたそう。3日の間、街はみなウキウキ・ソワソワ…

郷土資料館から大観音までの道のり

ヤッホー元気?と言ってそうな海の男には手がありませんでした。 前回のつづき。駅近くにある郷土資料館へ行きました。無料です。